So-net無料ブログ作成

後を絶たない校内暴力ですが [社会ニュース]

ある大学教授が自分の小学生の娘に暴言メールを送った男子生徒に暴行を加えた事件の顛末にインターネットユーザーらの視線が集まっている。

二人の学生が在学中の小学校を管轄する水原(スウォン)の教育支援庁の掲示板には今回の事件の公正な解決と、再犯防止対策を求める保護者たちの文が一日に100数件ずつ上がってきている。

事件が発生したのは先月19日、某有名大学の教授の李某(50)さんが水原(スウォン)教育庁のホームページに"小学校の校内性暴力深刻"というタイトルの文を上げてからだ。

李氏は同日午前、水原(スウォン)H小学校の廊下で、小学4年生の金某(10)君の腹を足で蹴って髪の毛をつかむなど全治2週間の暴行を行使したという疑惑でキム君の親から訴えられている状態だった。

彼は、掲示板を使用して暴行の事実を認めた。金君は、数回にわたって自分の娘に"明日の朝に殺す"など携帯電話にメールを送ってきて、それを学校側に知らせたが改善されないのに頭に来て、直接教室を探しに行ったと説明した。

続いて、"(この小学校では)あまりにも卑怯で娘を保護する意志が全くない、ただ塾レベルにあるだけの集団"とし、"暴行は、責任を取るが、学校の校長や教頭、教師の懲戒を要求する"と明らかにした。

すると、金君側の親が反論をしている。翌日、キム君の母親も教育庁のホームページに、"(李氏が)息子を足で蹴って数回平手打ちをしたのにもかかわらずあまりにも堂々と自分の合理化をしている"とし、"暴言メールは間違っているが、大人の男性から暴行を受けなければならないほど大きな間違いなのか"と反問した。

事件が公にされると、李氏はまた、自分のブログで娘のキム君からもらった携帯電話のテキストメッセージを直接公開し、暴行事件の責任を取って大学首職を辞任した。

李さんはブログで、"(今回の事件で)、娘が精神科治療の中で、急性ストレス反応の診断を受けた"と吐露し、"(教授職を辞任したのは)娘の問題ではなく、それ以外の教育の問題がより深刻だと判断して仕事をうまくまとめるために"と明らかにした。

一連の過程を見守ったインターネットユーザーらは各々の意見を提示し、事件がどのように解決するかに大きな関心を見せている。

現在、水原(スウォン)教育庁のホームページには、"大人が小学生に暴力を行使したことは明らかに間違っているが、キム君の行動も深刻な水準の校内暴力なだけに、これを擁護する親も間違っている"という意見が大勢を成している。

しかし、"娘を持った父親の立場も理解される"、今回の事件で李氏が教授職をあきらめたのは行き過ぎた処置だ"という意見と、"他人の子供に手を出した大学教授を支持することができない"、"いかなる場合にも暴力は、容認されてはならない"など、相反する内容も目立つ。

また、"小学生の暴言だとは信じられない"、"学校では被害者の両親が直接出るまで何をしたか"、"被害者を二度殺さないためには、加害生徒の処罰がなければならない"など、学校や教育機関に向けて積極的な対策を求める声も少なくない。

一方、問題が浮上した後、H小学校では2日、学校のホームページ内の自由掲示板を非公開に切り替えている。事件が報道された直後の先月26日から1週間に1000件余りに達する保護者とインターネットユーザーらの非難が殺到した後だった。

学校側は案内文を使用して、"ホームページが子どもたちの健全な教育と学校の発展のための方策を議論する場にならなければならないにもかかわらず、過去のことによって関係が全くない方まで、個人攻撃をされており、掲示板を閉鎖する"と釈明した。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。