So-net無料ブログ作成

ユスンホ進路について告白 [韓流 芸能]

来月高校を卒業するが、大学に進学しない俳優のユスンホ(19)が、31日、"大学は以前から別に行きたい心がなかった"と話した。TV朝鮮によると、ユスンホはこの日、江南区ラマダソウルホテルで開かれたドラマ"プロポーズ大作戦"の制作発表会で、"もともと大学に行こうかやめようかたくさん悩んだ。行くことができる科は演劇映画科だったが、実際そのとはあまり行きたいと思わなかった"と吐露した。

続いて、"必ず今でなければ、大学に行けないことはない。いつでも大学に行ければ行くことができるのに、今は違うようだ"と付け加えた。

七歳の時である、2000年にデビューし、子役俳優として活発に活動し、"国民の弟"という称号まで得たユスンホは、演技をするため勉強に専念することができなかった。

ユスンホは"元々高校2年生の時の計画は、本当に勉強を頑張って修学能力試験をうまく受けて自分の好きな科に入ることだった"とし"しかし、高2までは暗記しても試験を受けたが、高3になるとそのような段階ではないようだった。基盤ができていないので、友人についていけないし暗記するのも限界があった"と告白した。

彼は、もし後日、大学に行くなら機械関連の学科で勉強したいと述べた。

ユスンホは"率直に、運動を上手なわけでもなく、勉強もよくできない。できるのがこれ(演技)だ。でも、死ぬまで、この仕事をするというのは良くもあるが不幸でもあるようだ"とし、"唯一好きのが車、機械のほうだが、勉強をしないといけないのに、そうでできなかったし、また文系だから放棄した"と明らかにした。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。