So-net無料ブログ作成

大学卒業に苦労する芸能人たち [韓流 芸能]

卒業シーズンである、来る2月、俳優イミンホとムングニョンの学士帽をかぶった姿を、今年も見れないことになった。

06学番(入学年度)である二人とも卒業単位が足りず、大学を出ることができなくなったのだ。芸能界での演技と学業を模範的に並行してきた2人は、昨年ドラマ撮影や語学研修などで単位取得に苦労し、最終的に卒業に必要な最低単位を満たせなかった。それぞれの建国大学映画芸術学科、成均館大学国文科に在学中の二人は、これで冬の季節学期を含めて、来年1学期を通ってコスモス卒業を念頭に置くことになった。

これと関連しイミンホの所属社スタウスのハンスハン理事は16日、"ミノさんが、昨年5〜7月に放送されたドラマ"シティーハンター"に出演するために単位履修をすることができなかった"とし、"課題に代替して努力したが、出席日数が不足して、もう一学期通うことで意向を固めた"と話した。

ムングニョン側も、"グニョンさんが、今年は卒業したいと考えていたが、休学と演技活動を併行するのに2月に卒業をできないようになった。8単位ほど不足していると分かっている"と話した。

芸能人たちがこのように適時に卒業することができず、"晩学道"になるのは、それだけ各大学の学士管理が厳しくなっているという意味だ。これまでは適当にマネージャや仲間たちが提出するレポートで単位を受けたが、最近は見る目が多く、全く通じないというのが芸能関係者らの話だ。

芸能界で、大学卒業と関連して最も危うい経験をした人はウォンビンだ。 2003年1月に竜仁大演劇学科卒業を目前に控え、卒業に必要な必須単位130単位から1単位が不足して、季節学期科目であるスキーを慌てて受講して冷や汗を流さなければならなかった。

当時、ウォンビンは、単位取得のために京畿道のあるスキー場で行われたスキー実習に参加して、やっと単位を受けて学士帽をかぶることができた。映画"うちの兄貴"の撮影を控えて入隊を延期するために、竜仁大大学院に進学していたウォンビンとしては、震える時間だった。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。